鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青田買いの最終報告
若手選手の成長を過去2回ほどお伝えしてきましたが、彼らが最終的にどんな選手になったのかを最終報告します。

能力値は2017年5月30日のものです。


Barbone

473.jpg

17歳時の能力 移籍金18M
19歳時の能力


イングランドでも屈指の実力を持つまでになりました。ただし、正GK Krulからポジションを奪えるまでには至っていません。
能力を比較してみるとこんな感じ

474.jpg

ハンドリングと飛び出しはBarboneが上、1対1とハイボール処理はKrulが上。
能力値では甲乙つけがたい2人ですが、Krulのほうが試合では活躍しています。

失点率(失点/90)

Krul   0.66 3240分 24失点
Barbone 0.81 2100分 19失点


この数字を見てしまうと、まだまだ控え扱いからは抜け出せそうにありません。
移籍金は18Mでしたし、青田買いとしては大成功ですけどね。


選手データ
475.jpg





S.Martinez

476.jpg

16歳時の能力 移籍金370M
18歳時の能力

大きな欠点がなく、攻撃も守備もこなせるオールラウンダーです。
しかし、この選手はただの万能選手ではないのです。


選手データ
477.jpg

27(4)試合に出場して、10得点。251分に1得点をあげている計算になります。
これはNewscaslteのMCの中でトップの数字なのです。得点数10もMCの選手の中で1位。

得点を取れる理由は2つ。

1つは「チャンスがあれば前に出る」と「頻繁にドリブルする」のプレイスタイルを持つこと。
相手エリア内に侵入してこぼれ球を押し込む得点が多く見られました。

また、「頻繁にドリブルする」は、バイタルエリアからドリブルで中央を突破し、相手DFをかわしてシュート
を撃つのに役立っていました。DFを抜き去るというよりは、高い敏捷性を活かしてシュートコースを作り、
ゴール隅にコントロールされたシュートを決めるパターンが得意です。


2つ目は、枠内シュート率が高いこと

478.jpg

枠内シュート率53%は脅威的な数字です。無駄なロングシュートを撃たないことと、冷静さ17が良いようです。
得点数が高いFWはみんな冷静さが高いですからね。


S.Martinezの唯一の欠点は、安定感のなさです。コーチレポートでも一定の短所に「安定度」と書かれています。

ダメな時は本当にダメです。試合から消えます。逆に好調時は手がつけられない。見ている分には、面白い選手です。




Wood

480.jpg

16歳時の能力 移籍金470M
18歳時の能力


入団当初、加速力は6でしたが、7上がって13になりました。ずっとポーチャーの練習をさせていた甲斐がありましたね。
決定力19、オフザボール20、予測力19、冷静さ18と、ストライカーに必要な能力を全て兼ね備えています。
とんでもない選手になってしまった・・・。


怪物Wood君は2016/2017シーズン、31得点をあげてプレミアリーグ得点王に輝きました。

481.jpg

ヨーロッパゴールデンボーイに選ばれたり、18歳からイングランド代表で不動のFWだったり、19歳で
得点王になったり・・・。こんな選手、現実にいたらメッシやC・ロナウド並みのスター選手ですなぁ。


選手データ
482.jpg

最大の武器は、特出した決定力と冷静さ。すなわち枠内シュート率の高さです。

483.jpg

95本のシュートの内、枠内へとんだのは65本。68%の枠内シュート率は、なかなかお目にかかれない数字です。
また、103分間に1得点の得点率は、ほぼ1試合に1得点をあげている計算になります。恐ろしい。


Woodの欠点は・・・正直ないです。ケガもしません。

484.jpg

試合を見ていると、あまり無茶なプレイはしないようです。

強いて欠点をあげるなら、逆境の時に特別力を発揮するタイプではないことかな?まぁ、プレッシャーにとても
弱くはないのですから、これ以上は求めすぎですね。




C.Pereira

485.jpg

18歳時の能力 100Mで獲得


育ってきたしちょっと試合で使ってみるか→お、結構いいな→あれ?いつの間にかスタメンに定着してるぞ・・・?

ポジションは与えられるものではない。勝ち取るものだ、を実践した選手。


選手データ
486.jpg


C.Pereiraの良さは、守備です。肩書きは攻撃的サイドバックなのですが、守備がダメダメな選手ではありません。

データでDLのレギュラー、Santonと比較してみましょう。

タックル/90分

C.Pereira 9.52
Santon   8.06


タックル成功数

C.Pereira 85%
Santon   83%


タックル数も成功率も、C.Pereiraが上回っています。

FM2013では、サイドバックの守備はチームの命運を左右すると言ってもいいぐらいに重要です。
インサイドフォワードタスクのウイングに1対1で負けてしまうとピンチを招きますし、サイドへのロングボール
にことごとく競り負けてしまえば、相手にすばやい攻撃を許してしまいます。


C.Pereiraの欠点は高さがない(身長178cm+ジャンプ10)ことと、クロスがワロスなこと。




□ 青田買いを成功させる秘訣

ずばり、わかりません!!

やればやるほどわからなくなっていきます。評価額が低い選手でも爆発的に伸びる選手がいたり、逆もまた然り。

ただ、選手生成日に評価額が高い選手だけでも見て回るのは有効だと思います。上にあげた4選手のうち、
WoodとMartinezは自分で見つけました。

あとはスカウトの力も借りるべきです。主要リーグに派遣することで、スカウトレポートで才能ある若手を
推薦してくれます。BarboneとPereiraはスカウトが見つけてきてくれました。




□ ジュニアコーチングとユースリクルート

ユース施設の強化はもちろんですが、ジュニアコーチングやユースリクルートに投資するのは有効なのか?私の結論としては
そこそこ有効です。明らかに質が変わってきます。

487.jpg
現在のNewscaslteの施設

ただ、主要リーグで首位争いをするようなチームだと、欲しいのは飛びぬけた才能です。
そこそこの選手ではバックアップを務めることすら難しい。


自クラブユースで育成した選手がトップチームで活躍する。なんともロマンがある話です。ロマンを追うなら
投資は有効。効率性を考えるなら他所から若手を取ったほうがいいです。
スポンサーサイト

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

相手選手への対応を考える
みなさん、相手選手への対応ってちゃんと設定していますか?ちょっと取っ付きにくい、よくわからないから設定してない・・・。
はい、私もそうでした。恥ずかしながら、FM2013をやるまでは、相手への対応なんて一切設定してなかったのです(だって設定しなくても困らなかったんだもの・・・)


ところがFM2013になって、この設定の大切がわかりました。それから自分なりのやり方を模索してきたので、
この記事にて公開&解説していこうと思います。




相手への対応は、あまり難しく考える必要はないと思います。


自分のチームは前線からプレスをかけるのか、もしくは自陣深くからプレスをかけるのか

相手チームにサイドから攻撃させるように仕向けるのか、または中央から攻めさせるのか


シンプルイズベスト!をモットーに、3つのパターンを紹介します。




①前線からプレスをかける

465.jpg

GK&DF 「常にする」+逆足

その他 「特定の指示なし」+逆足(相手チームのウイングがフリーになるようなら、プレスをかける)



この設定だと、選手達は積極的にフォアチェックにいきます。
ブラジル代表や、DortmundのようなハイプレスサッカーをFMでやるならこの設定が欠かせません。

当然ですが、この積極的な守備方法は、自分のチームDFを押し上げておかないと、
前線の選手と後方の選手のスペースが広くなってしまいます。
そうなると、せっかくの前線のアタッカー達の献身的なプレスがただの無駄走りになってしまいます。気をつけましょう。


なお、この設定を逆にすると、自陣からプレスをかけることができます。




②中央から攻めさせる

相手の戦術は4-1-2-2-1

464.jpg


中央から攻めさせるために、こんな設定に。

463.jpg

GK DC DM →プレスは指示なし+逆足

他の相手選手→プレスは「常にする」+逆足


サイドの選手には必ずプレスをかけるようにします。
4-1-2-2-1において、FWとMCの橋渡しをするのは、WGの選手です。ここを抑えることによって、
FWの選手にボールが入る or MCの選手がバイタエルエリアに侵入するのを防ぎます。

自チームがMC2人+DM1人だと、この設定が有効です。
逆に、センターハーフを2人しか置かないような戦術だと、中央を破られて痛い目を見ます。



なお、この設定を逆にするとサイドから攻めさせることができます。




③コーチに任せる

52.jpg

慣れない内は、コーチに任せてしまうのもひとつの手です。
AIに任せるのはちょっと心配・・・と思われるかもしれませんが、大丈夫。こと相手への対応に関しては、割と優秀です。
Interのコーチ陣は優秀ですで書きましたが、アシマネに相手への対応を任せたら失点が減った経験があります。
それと、委任するときは、戦術知識が高いコーチに意見を求めるといいような気がします(守備指導力は関係あるのだろうか・・・?)

また、おかませにするとタックル「強い」を多用するスタッフもいますので、そこは随時手直ししてあげましょう。





□ 注意したいこと

相手選手への対応は、自チームの戦術と照らし合わせて使うものです。


たとえば、4-1-4-1で①前線からプレスをかけるをやろうとしても、うまくいかない可能性大です。
前線にはFWしかいないわけですから、FWの守備は徒労に終わること請け合いでしょう。
①をやるなら、FW・AMFの列に3人の選手は欲しいところです。


また、②中央から攻めさせるについても同様です。
MCを2枚しか置かない戦術で中央から攻めさせれば、相手チームに中央を破られてしまうのは目に見えています。
②をやるなら、MC2枚+DM1枚を置く戦術が良いでしょう。


このように、相手選手への対応は単体で機能するものではなく、自チームの守備方法をより鮮明にするものです。
どこから守るか、どこから攻めさせるか・・・これを明確にしてから、設定してあげるべきだと思います。

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

ボールが見やすくなった!
某所で紹介されていたBall Modを入れてみました。

462.jpg

すんごい見やすい!ちょっとやりすぎじゃないってぐらい見える。紹介してくださった方に感謝。


http://thefmformation.com/topic/2435-brighter-ball-mod/

ダウンロードにはアカウント登録が必要です
Create Accountってところから登録して、メールが来たらUrlをクリックして認証してアカウント登録完了!
 ↓
Click here to download this flie→Downloadでダウンロードできます。Readmeにファイルを入れる場所が書いてあるのでその通りに。

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

海外サイトから戦術をダウンロードして使ってみた話。
最近、自分で作った戦術に飽きてしまったので、他のユーザーの方が作成した戦術を使って遊んでいます。




その中で、この戦術はすごい、と感じた戦術(海外のサイトからダウンロードした)をひとつ紹介します。

http://sortitoutsi.net/downloads/view/4611/4-3-3-a-portuguese-tiki-taka

ダウンロードするには、アカウント登録が必要です



簡単に、この戦術を紹介していきます。

441.jpg


この4-1-2-2-1で特徴的な設定は、サイドの選手への指示です。


ウイング
442.jpg

ドリブル「消極的」クロス「ときどき」

これを見たとき、こんなんで大丈夫なのか!?と思いましたが、ウイングの選手はパスを受けて他の選手へはたく
ゲームメーカー的な動きをします。これはこれでありなのです。



サイドバック
443.jpg

このサイドバックの設定が一番参考になりました。

一番の肝は、ドリブル「積極的」これによって攻撃の組み立てが非常に楽になります。どういうことかと言うと・・・



DFラインでボールを回してサイドバックにボールが渡った時、サイドバックは前にスペースがあればドリブルします。
 ↓
相手がチェックにきたら、ゲームメーカーチックに設定されたウイングへつなぐか、センターハーフにつなぐ。



こんな風に、守備的ミッドフィルダーを経由しなくてもボールを前に運ぶことができます。




公開日からするに、13.3verにUpdata前に作られた戦術っぽいですが、最新パッチでも少し設定をいじって
あげれば十分使える戦術だと思います。

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

香川なにしてんだああああ!!!
Newscaslteの3年目、CLで決勝まで勝ち進みました。

392.jpg

クジ運がよかったのが大きな要因。しかしBayernはともかく、Shakhtarにはかなり苦戦しました。

決勝の相手はMan Utd。過去の対戦成績は1勝5分1敗とまったくの五分五分。

Man Utdで注目したいのはやっぱり香川。

393.jpg

2014/2015シーズンは、彼にとって厳しいシーズンでした。
2014年7月3日、監督がBielsaに変わったため、基本フォーメーションが4-3-3に変更されたのです。

394.jpg

上の画像がMan Utdのスタメンです。右ウイングはNaniが不動のレギュラーで、
左ウイングはMarseilleから2.8Bで移籍してきたAyewがファーストチョイスです。

396.jpg

Rooneyですら出場機会に恵まれていないぐらい、激しいポジション争い。残念ながら香川の出番は限られたものになってしまいました。

397.jpg

398.jpg
先発出場はわずか3試合・・・。


しかし、香川は不満を漏らすことなく、虎視眈々と定位置確保のためトレーニングを積んできました。
そんな彼にCL決勝という舞台での出番が訪れます。

0-0の均衡状態で試合は進み、79分。状況打破のためBielsaは精彩を欠くNaniに代えて香川を投入!
いつアピールするの?今でしょ!

80分、右サイド(画面上)の香川がボールをもらい、ドリブルで切り込みながら仕掛ける!

399.jpg

しかしNewscaslteのDC Mbinaが冷静にボールを奪う。

400.jpg

奪われたボールを取り戻すため、香川がMbinaに猛プッシュ!いいぞ香川!気持ちが入ったプレイだ!

401.jpg

406.jpg

Mbinaは前のLamelaに落ち着いてパス。レイト気味に香川がMbinaに当たりに行ってMbina倒れる




402.jpg

えっ・・・?


403.jpg

えええええっ!?


404.jpg

405.jpg

えっ、ちょ、まっ・・・



香川真司 CL決勝に79分から出場。80分に一発レッド。退場。


香川なにしてんだああああ!!!





なお、試合は延長の末、勝ちました。

391.jpg

408.jpg


香川は来シーズンからTottenhamでプレイすることになりました(移籍金2.15B)
出場機会に恵まれなかったし、いい移籍になると思います。

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。