鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201304<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201306
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
集中砲火
222.jpg
Sassuolotとの一戦は引き分けに終わり、首位陥落。

Interが得たゴールは、なんともいえないオウンゴールのみだった。


223.jpg
オレンジの線で示したクロスを、ダイビングヘッドで豪快に(味方ゴールへ)決めたのだ。
人間魚雷か人間砲台かってぐらい飛び込んでた。



2試合後・・・

224.jpg

28節、JuventusはParmaに負け、InterはBolognaに勝ったので、首位交代。

この試合で、期待の若手FW Dialloが初ゴールを記録した

226.jpg



225.jpg

Interの最年少得点記録だそうだ。ここまで4試合に出場して1得点をあげている。
チームに加入して間もないので、周りとの呼吸が合わないことがしばしばあるが、才能の片鱗は見せている。





□ 30節終了時の順位表

229.jpg

1位Interと2位Juventusの差は5に広がった。残り試合は8試合。直接対決はもうない。
これはいけそうか?



□ 集中砲火

228.jpg

MCとDMの選手が4人ケガで離脱してくれやがった

中でもCicaの負傷は深刻で、ケガが癒えるまで2-3ヶ月かかるようだ。今季絶望。
MCの選手層は厚いので、なんとかなるんだけれども・・・。




□ そこまで言わなくても

セリエA31節の試合前のコメントが辛辣すぎる

230.jpg
Interが前半で試合を決める、だそうな。これ、フラグたったよね・・・?

なお、試合は


231.jpg
勝った!しかも前半10分で2得点をあげ、戦前の予想通りに試合を決めてしまった。
この予想屋、できるっ!



□ ConteがBarcelonaの監督に!?

232.jpg

2016/3/26 BarcelonaのSpalletti監督が解任された(注:検索でヒットして来た方へ。FM内の話です。念のため)

233.jpg
31試合終了時点で5位。更迭もやむなしか。


後任にはJuventusのConteが有力とされている。Barcelonaでも3-5-2をやるのだろうか。
もし就任したら動向を追ってみたい。

余談だが、メッシは38試合で28ゴール。



次の日記へ
スポンサーサイト

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

今日の教訓
□ 今日の教訓

2/15 GKのRuffierが風邪をひいた。2/20にJuventus戦を控えているので、少しでも早く復帰してもらうために
フィジカルコーチに治療を依頼した。

214.jpg
普段は自宅療養をさせているが、状況が状況だ。


翌日のニュース・・・

215.jpg

216.jpg
BocalyとRossiに風邪がうつったあああ!!

今日の教訓

風邪をひいたら自宅療養!






□ セリエA 25節 Juventus(H)

天王山の前に、両チームの状況を確認していこう。
勝ち点得点失点得失点備考
Inter6220225016+34リーグ戦4連勝中
Juventus6120135610+43リーグ戦6連勝中


勝ち点差は1。試合結果によって順位が入れ替わる。大一番だ。



Interの最近の成績
212.jpg
結果だけ見ればセリエA4連勝中と好調にみえるが、実際は紙一重の勝利が続いている。
どうも得点力が落ちており、特にPodolskiはゴールを量産していた前半戦のキレがない。

超攻撃的+ボールを前に動かせ+押し上げろ+相手につけ+もっとリスクを負えで、1点もぎとって命拾いしている。
この組み合わせは結構使える。



一方、Juventusの戦績はというと

213.jpg

俺を倒せる者はいるか!状態である。ここにいるぞ!とは軽々しく言えない。
不安材料をあげるなら、中2日の日程だろう。Interは中6日で試合。コンディションの差に期待するしかない。



Interスタメン

217.jpg



Juventusスタメン

218.jpg



Interは25分までシュートは0本だった。なぜか。

220.jpg

↑の図がその原因をあらわしている。InterのDM+MCの選手がフリーになれていないのだ(丸で囲った選手達)
Interの攻撃は中央に偏っている。ウイングの選手はほとんどドリブルすることを許可されておらず、
パスをつないでMC2人のうち1人がバイタルエリアに侵入するのが得意の形だ。
図のように、中央3枚の選手がプレスをかけられていては、MCの選手がフリーのいい位置でボールを受けることは難しい。

実は試合前から対策は練ってあった。それはDMのCapoueをプレイメーカーにしたことだ。こうすることで、
MCの2人が孤立しないようにして、Juventusの横並びに配列されたMC3人に対抗しようとした。

Capoueの位置を上げて、MCのサポートをさせた効果がなかったわけではない。いつもなら中盤で奪われて
カウンターを受ける場面が多いInterが、中盤のボール回しで後れを取ることはなくなったからだ。

しかし、JuventusのMC3枚を凌駕するまでには至らなかった。そこで次の手は・・・

221.jpg
(矢印は攻撃方向)


ウイングの選手をサイドに張るように指示した。中央での密集戦を避け、サイドを基点とすることで
JuventusのMC3人の圧力から逃れると共に、3バックの弱点であるサイドのスペースを使うようにした。

その効果は、コーナーキックの数に表れている。前半3本しかなかったCKが、後半は9本もCKを得ているのだ。
サイド攻撃重視に切り替えてからは、Interがペースを握った。

惜しむらくは、1トップに空中戦に強いターゲットマンがいないことだった。Podolskiはジャンプ力12、勇敢さ14。
Juventusの屈強な3バックの選手に競り勝てるほど、エアバトルを得意としているわけではない。

結局、両チームに得点は生まれなかった。


219.jpg


次の日記へ

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

Mata争奪戦の行方
□ Mata争奪戦の行方

201.jpg
前回お伝えした、Mataのボスマン移籍争奪戦は、Interが制した。いやっほー!

年俸480MはInterトップの額だ(在籍選手ではGuarinの400Mが最高)
最高の評価をした甲斐があったってもんだ。他にも3人ほど獲得する予定。うまくいけばの話、だが。






□ 初めてのイベント

ウインターブレイク明けのPalermo戦は、壮絶な打ち合いとなった。

203.jpg
試合をコントロールしたのはInterだったが、PalermoはDF裏のスペースを巧みにつき、3得点。
両チーム合わせて8ゴールが生まれる試合であった。

この試合で活躍したのはGuarin

113.jpg
代表戦で負った故障がようやく癒え、コンディション94%ながら先発させた。
彼には早くトップフォームを取り戻してもらい、CLの舞台に万全の状態で立ってほしいからだ。

故障明け、ということで期待はしていなかったが、Guarinは飛び出しとFKから2得点。チーム最多の9本の
シュートを放ち、いきなり存在感を示した選手に、MOMが送られた。


202.jpg
試合後、Guarinが監督に感謝の意を表明。こんなコメント、あるんだね。




□ ついに念願の首位にたったぞ!

18節、InterはUdineseに勝利。一方、JuventusはAtalantaに敗戦。
204.jpg


と、いうことは・・・


205.jpg

Interが首位に!



□ Italian Cup 準々決勝

去年優勝したItalian Cupだが、今年は準々決勝でAC Milanに負けてしまった。

206.jpg
Pk戦まで縺れたが、Interはキッカー全員がミスをするという散々な結果に。

その中で良いプレイを見せたのが、MCのObiだ。

207.jpg

11分、コーナーのこぼれ球を拾い、ミドルシュート。これが決まりまず1点。
62分には中央からの飛び出しで抜け出し、ドリブルで持ち込んで決めた。この日2得点の大活躍だ。


試合後のニュース
208.jpg

Obiの代理人Sani「ObiはMilan戦でいいプレイをした。給料上げろ」

wataoni「(#^ω^)ビキビキ」

もちろん拒否。Obiには「もっと給料もらいたければ活躍しろ」と言っておいた。
直後の記者会見では「Obiは契約更新に値するが、クラブの財政がそれを許さない」と嘘をついておいた(Obiは喜んでいた)

いやぁ~代理人うっとおしいっすなぁ。





□ 冬の移籍市場でハッスルしちゃった

209.jpg
Interは16歳のFW、Dialloを獲得した。移籍金は1.17B程度と見られている


Diallo
210.jpg
16歳でこの能力。えぇいフランスの若手は化け物か!すぐにでもスタメンで起用できそうだ。

獲得の決め手になったのは、決定力19だ。各国の得点ランキングを見ていると、冷静さと決定力が高い選手ばかり。
当然のことだが、過去作に比べて決定力の有無は重要なファクターになったと感じている。

潜在能力能力判定18のアシマネのレポート

211.jpg
いただきましたっ!星5つ!巨匠も大喜びだ。

性格が「野心的」だと能力上がりやすいらしいし、なおさら期待が高まる。どんな選手になってくれるんだろう。
若いうちから使い込むと能力あがりにくいとか聞いたことがあるので、ほどほどに使っていこう。


次の日記へ

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

選手が消えた
□ 実は危なかった

177.jpg
CLグループリーグ、最終節で3位→2位に上がり勝ち抜けを決めた。

決勝トーナメントの組み合わせは↓
180.jpg
Ajaxと対戦することになった。ラッキーな組み合わせだ。




□ 選手が消えた

試合中、選手が消えた。

178.jpg
キーのみ→フルで観戦しようと切り替えたら選手たちが消えた。画面は左右へと動くのだが、無人のピッチが
写るのみ。2分ぐらい待ってみたが、変化なし。
一度試合画面から離れて、もう一度試合に戻ったら選手達は何事もなかったかのようにピッチに表示されていた。
なんだったんだろう・・・。


なお、試合は負けた・・・。

179.jpg
セリエA無敗記録は9でストップ。



□ 冬休み。いい響きだ・・・。
 

ウインターブレイクに入ったところで、順位などを確認していこう

181.jpg
Interは勝ち点40でJuventusと並んでいるが、2位。

Home 8試合 6勝 1分 1敗 15得点 4失点 勝ち点19
Away 8試合 7勝 0分 1敗 19得点 7失点 勝ち点21

Home、Away共に偏りなく勝てている。Juventusの失速待ちだが、昨シーズンの成績から言うと、それは望めない。
2月の直接対決が鍵になりそうだ。

次に、選手データ

平均評価点ランキング

182.jpg
平均評価点は、Ranocchiaが7.79で1位タイ。

109.jpg
出場14試合で、タックル成功率は87%。それでいてファウル数は9とタックルの正確性はピカイチだ。
インターセプトも多い。



得点ランキング

184.jpg
得点ランキングでは、Podolskiが10ゴールで2位



117.jpg
得点/シュート数は10/37で27%、枠内シュート率は62%。一流選手であることを改めて示した格好だ。
ゴールの近くでボールが入った時は、点が入りそうな予感がする。冷静さ16と決定力18が効いているのかな。



アシストランキング

185.jpg
アシスト数7で、Capoueがランクイン


112.jpg
プレースキックは担当していないので、すべて流れからのアシストだ。ゴールエリア付近まで押し上げてパスを
回している時に、縦パスを正確に入れてアシストしている印象。また、「ロングパスを狙う」を持っているからか
ロングフィードからそのままドリブルで持ち込んで得点につながることもしばしば。

アシストだけでなく、タックル成功/タックル数=100/112(89%)パス成功/パス数=876/1020(85%)
平均ランニング距離13.3km・・・どこをとっても完璧な数字だ。




□ 最優秀DFと最優秀外国人プレイヤー


186.jpg
年間最優秀DFに、Ranocchiaが選出された。ここ数年はJuventus勢が独占してきた賞を奪還した。

187.jpg
Ranocchiaは監督に感謝の言葉を忘れなかった。愛い奴よのぅ。こちらこそ、受賞してくれてありがとう。


188.jpg
年間最優秀選手では、惜しくも2位。Bianchiが3年連続受賞となった。


190.jpg
良く見たら、Bianchiの成績がとんでもない。


191.jpg
過去3シーズンで30、23、26得点。こりゃすごい。今年で契約が切れるようだが、32歳だしちょっと手が出しにくいな。


他には、年間最優秀外国人選手賞(漢字で書くとややこしい)にGuarinが選出された。

192.jpg
画像をリサイズしている最中に3位にPodolskiが入っていることに気がついた。
Guarinは出場数19ながら10得点。必要不可欠な選手。ケガだけは(以下略



□ ボスマン移籍

Chelsea所属のMataは、既存の契約が6ヵ月後に切れるようだ。

194.jpg
いい選手だ。テクニックの高さは世界トップクラスだろう。

195.jpg
今季はリーグ戦11試合に出場しているが、いずれも途中出場。
出場時間は188分に留まる。カップ戦要員扱いはもったいない。

これはぜひ獲得せねばなるまい、とマスコミに発言してみた。

196.jpg
Mataの反応は・・・


197.jpg
「正式なオファーが来たら考える」とのことだ。悪くない反応。
それよりも、ファンの反応が面白い

198.jpg
ファンがMataが来るかもしれないことに、そわそわしている。掲示板は監督を賞賛する書き込みが多数寄せられた。
「wataoniやるじゃん」「Mata連れてきたら神」「移籍金なしでMata獲れたらでかくね?」
「うちの戦術に合うのか?」「必要なのはMFじゃねぇ!FWだ!」

とか書かれているのだろうか。FMは本当にニヤニヤさせてくれるゲームだな!
こういうのでニヤリとできる人は、FMをやりましょう。


後日、横槍が入った。

199.jpg
At Madrid監督のGuardioraがMataを賞賛。

200.jpg
Mataはしぶしぶ反応。移籍のことを騒ぎ立てられたくないようだ。現段階でAt Madridのオファーはない。
さぁどうなるか?結果は次回以降にお伝えする。



□ 目標の再設定


193.jpg
理事会から、目標を変えてもいいのよ?と言われた。期待以上の好成績を残したからだろうか?
しかし、移籍金に困っているわけではないので、現状維持の「CL出場権」にしておいた。無難。




□ なんとなしに見てただけなんだ

189.jpg
過去の受賞者を見ていたら、Del PieroがフリーだったのでU-20アシマネのオファー出してしまった。
給料安かったし、能力高いしでつい・・・。


次の日記へ

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

ほんまかいな
□ また負けた

158.jpg
Man UtdにAwayで大敗。


160.jpg
完敗だった。van Persie、Rooney、Neymarの攻撃陣にInterはなすすべなし。
セリエAでは連勝を伸ばすInterだが、この調子じゃイタリアのレベルが低いと思われても何もいえない。

なにせイタリア国内ではJuventusと2強を形成するInterに完勝できるチームが、
Premier Divisionでは4位争いをしているのだから。


159.jpg
11試合終えて、Interは2位。1位との差は直接対決で負けた差だ。




□ なんでだろう?

Hannoverの監督、kloppが「また」解任された。

162.jpg

2013年、AC Milanの監督に就任するも、シーズン途中で解任される。
2014年、Schalkeの監督に就任。わずか3ヶ月で成績不振により、解雇。
2015年、Hannoverの監督になるも、6ヶ月で解任される。


163.jpg
どこからどうみても名将だ。どうしてこんなに結果が出ないのだろう?メンタリティが「攻撃的」すぎて守備が
崩壊しているとか?

私の箱庭だけなのか・・・?




□ セリエA14節 AC Mlian(A)


164.jpg
一足先に試合をしたJuventusはSampdoriaに敗北。この試合に勝てば、勝ち点でJuventusと並ぶ。

もちろん、Mlianとの勝負を制さねば追いつくことはできない。そのMlianなのだが

166.jpg
18位で降格圏内に沈んでいる。昨年3位になったのはなんだったんだ?
もちろん、消化試合が2試合少ないのはあるが、それにしたって・・・

165.jpg
直前の試合にこそ勝利しているが、セリエAでは3連敗中。


167.jpg
2015年11月17日より、監督にDesaillyを招聘したが、事態は好転していない。
ロウソクの火が消える直前に一瞬強くなるように、突然息を吹き返さないことを祈るのみだ。


前半20分まではMilanの時間だった。ピッチを広く使ってサイドに基点をつくり、そこから中盤の選手が上がって
きて厚みのある攻撃を展開。とても18位のチームとは思えない。

169.jpg
4-2-3-1にマッチした戦い方だ。このままでは防戦一方になる。

そこでInterは対策として、ウイングがMilanのサイドバックを、サイドバックがMilanのウイングをマークするよう変更。
これにより、サイドへのパスコースは塞がれ、中央での局地戦を余儀なくされるMilan。ボールを持たせてからの
カウンターを狙うInterの前に、チャンスを作れなくなる。


170.jpg
前半41分、バックパスをPodolskiが追う。


171.jpg
Podolskiがパスをカット!ビックチャンスだ!


172.jpg
前に出ていたGKは何も出来ない。冷静に無人のゴールへ蹴り込み、先制点。

ラッキーな得点かもしれないが、この状況を作ったのはInterの戦術だ。




168.jpg
後半にも加点し、ダービーマッチに勝利!

173.jpg
リーグ戦の連勝は7に伸びた


174.jpg
175.jpg
ファンも歓喜。

176.jpg
勝ち点でJuventusに並んだ。得失点で2位だが、離されないようくっついて行きたい。



□ ほんまかいな

161.jpg
コーチ「obiはオーバーヘッドキックを狙うようにすれば、プレイがよくなるでしょう」

wataoni監督「お、おう・・・」


ほんまかいな。


次の日記へ

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。