鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201310<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201312
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Schalke日記 その14 「成長のお薬は試合での活躍」
□ CL決勝トーナメント1ラウンド2ndreg Barcelona(H)

Schalkeは1stregを1-3で落としています。次ラウンドに進出するためには2点差以上の勝利が必要です。




Schalke 4-1-2-2-1

720.jpg

GK ヒルデブラント
DF 内田 フックス ヘーヴェデス マティプ
MF ノイシュテッター イェンセン エクダル
FW ファルファン ドラクスラー フンテラール

アシ「今日のセンターバックはヘーヴェデスとマティプのコンビですね」

鬼「本来、マティプはパパを押しのけてまで積極的に使いたい選手ではない。セットプレーでは193cmの長身とジャンプ力19で
 Barcelonaの脅威となるだろうが、細かいところでの判断力に問題がある。しかし、パパは調子を落としてきているからな。
 ここ最近、軽率なミスが目立つ彼をこの大舞台で起用するのは怖さがある。ということで消極的な起用法だが、マティプを選択した」

アシ「パパはリーグ戦をほぼ休みなしで出場していますから、その影響もあるかもしれません」




Barcelona 4-1-2-2-1

721.jpg

アシ「一方、Barcelonaのセンターバックはブスケツとソングのコンビです。ピケは前節で退場したため、出場停止となっています」

鬼「ピケがいないから、BarcelonaのDFラインには高さがない。滞空クロスを上げさせることも視野に入れていこう」




鬼「私を感動させてみろ!」(情熱的)

選手2人「やる気を出している」




15分、タッチラインぎりぎりでドラクスラーとアウベスのマッチアップ。ドラクスラーは華麗なフェイントで
アウベスを置き去りにすると、
そのまま中へ進出してシュート!

バルデスがっちりセーブ!


アシ「今日はボールをよく回せていますね。Awayで手も足も出なかった時とは大違いです」

鬼「うん、今の所問題はないね。あとはいつ均衡を破るかだ」



0-0のスコアが動いたのは40分。アウベスのクロスをマティプがヘッドでクリア。マスチェラーノが猛ダッシュで
クリアボールを拾い、シュート!

725.jpg


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

マークについていたヘーヴェデス、マスチェラーノにスピードで振り切られてしまいました! 0-1


アシ「あああああああ」

鬼「やられたな。ボジションを捨てて前に出たマスチェラーノに誰がプレスをかけるのかはっきりしていなかったし
 何よりマスチェラーノの判断力がすばらしかった。あれはしょうがない」


45分、右サイドのファルファン→右よりに移動していたフンテラール→中央に進出していたドラクスラーへと流れるようなパス回し。

ドラクスラー、シュートコースを見つけた!右足を振りぬく!


ゴール右に外れました!

アシ「惜しいっ!」

鬼「・・・。」

アシ「監督、どうかしましたか?」

鬼「今日はいける。そんな気がするんだ」



前半終了。0-1でリードを許しているSchalkeは合計得点で1-4となっています。勝ち抜けにはあと4点が必要です。


鬼「後半は違ったところを見せろ」(積極的)

選手達「やる気を出している」 ファルファン「やる気を失っている」




後半開始早々、Schalkeが動きます。右ウイングのファルファンに代えてPepeを投入です(チームトークでやる気を失っていたので代えました)

54分、その交代で入ったPepe、右サイドから左へ45mのすばらしいサイドチェンジパス。ドラクスラーは綺麗に足元にトラップし、中央へドリブル。
対面したアウベスついていけません。ドラクスラー、決められるか!?


726.jpg


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

決まった!Schalke、1点返しました! 1-1




60分、内田の滞空クロス。ファーで待っていたフンテラール、打点の高いヘディングシュート!


クロスバー直撃!


アシ「おっしい!でも、後半入ってチャンス増えてますよ!」

鬼「そうだ、得点のなかった前半だって内容は良かった。このままいけ!」



Barcelonaは4-4-2に変更。中盤の圧力が減って、Schalkeのチャンスが増えるかと思ったがそうでもなかった。





80分、Schalkeのパス回し。右へ左へショートパスをつなぎ、チャンスをうかがう。ノイシュテッターがPepeへ
パスを出すと、チャンスと見たPepeが中へ切れ込みシュート!


727.jpg


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

Schalke、諦めません! 2-1


鬼「しゃあああ!!」

アシ「うまくフンテラールと重なってフリーの状態でシュートを放ったPepeの動きが素晴らしかったです!」




あと1点取れば延長戦へ。意気消沈していたSchalkeサポーターが、にわかに騒ぎ始める。
Barcelonaの選手達の焦り。Schalkeの選手達の決意に満ちた顔。
スタジアムに、逆転の雰囲気が漂い始める・・・。



81分、82分、83分・・・Schalkeに残された時間が過ぎていく。




728.jpg


729.jpg


730.jpg


一瞬静寂に包まれたスタジアムに、審判の笛が鳴る。

PKだ!


蹴るのはフンテラール・・・




GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!


Schalke、なんとなんと追いつきました! 3-1


鬼「おらっしゃああああああ」

アシ「やったあああああ」



90分終了。試合は延長戦へ突入です


722.jpg

↑は90分終了時の試合データ。明らかにSchalke有利。できればPKにはしたくない!
延長戦で勝負をつけろ!と選手を励まして送り出します。



延長戦キックオフ。Barcelonaは4-4-2のまま。ラインを上げてパスコースを消す守り方に変更。
後半のように、ショートパスをつないで守備のラインを崩していきたいが、うまくいかない。

どうもパスを出したあとの動き出しが減っています。選手達の疲労は限界か?追いついたことで気持ちが少し緩んだかもしれません。


鬼「スペースを見つけて出せ!細かくつながなくていい!フンテラールへ出せ!」

Awayの時に指示することが多い「ボールを前に出せ」「スペースへ出せ」を使用。足元でつなぐのは諦めます。


鬼「MCのイェンセンは限界だ。シュスターを準備させろ」

アシ「わかりました。MCのエクダルも15km以上走っており、限界です。交代させますか?」

鬼「残念だが、MCでこの舞台に立てる選手はもういない。エクダルにはもう少し頑張ってもらう」


104分、シュスターin  イェンセンout

これで交代枠は残り1。信頼できる控え選手がいれば、疲れが見えるエクダルを代えたいところですが・・・。




107分、フックスが右サイドへ大きなサイドチェンジ。Pepeはボールを受けると右サイドを独走!ライン際から低いクロス。

フンテラール、ボールの軌道を予測して走りこみ、ボレーシュートにいった!もはや結果は1つ!


731.jpg


ブスケツ体を張ってシュートをブロック!


観客が頭を抱えます。



110分、ドラクスラーが左サイドでためを作り、オーバラップしてきたフックスの前に出します。フックスは左サイドを駆け上がり、
低い弾道のクロスを入れると・・・



732.jpg



GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

ニアへ突っ込んだフンテラール、今度は押し込みました!Schalke、勝ち越し!勝ち越しです! 4-1



そして・・・



試合終了!Schalke、大逆転劇を見せてくれました!

724.jpg



試合後のチームトークの画像

723.jpg

前半と後半の選手スタッツの差がとんでもないことに。ハーフタイムのチームトークが当たったようで、主将のヘーヴェデスが試合後絶賛していました。

この試合で勝てたのは、ハーフタイムの「後半は違ったところを見せろ」があたったからでしょう。
前半も内容は良かったですが、3点奪って延長までもっていけるほどではなかったですから。


その他の結果は以下の通り

734.jpg

うん、順当ですね。ドイツ勢は3チーム共に勝ち残り。リアル同様に決勝でドイツ対決は見られるでしょうか?


そして、ベスト8に残ったチームの組み合わせは・・・

733.jpg

アシ「準々決勝はManUtdと対戦することになりました。強敵です」

鬼「ファンペルシーをどう抑えるかが鍵になりそう」






□ 3月の試合結果

719.jpg



3/2 Budesliga第24節 Freiburg(A) 3-1 ○ 1位→ MOM=パパ(8.6)

 バルネッタ 3ヶ月のケガ 今季絶望。お疲れちゃ~ん。Pepeレンタルしておいてよかった!


3/9 Budesliga第25節 Augsburg(H) 3-0 ○ 1位→ MOM=シュスター(9.2)

 シュスターのFKが2発炸裂。今季FKで4得点目。よく決めるなぁ


ヘーヴェデス 1週間の離脱 インフルエンザで自宅療養です。


3/15 Bundesliga第26節 Dortmund(A) 1-0 ○ 1位→

 フックスのロングスローをPepeが押し込んで決勝点。ロングスロー17もあると、よく点に繋がりますね


3/30 Bundesliga第27節 Nurnberg(H) 2-0 1位→ MOM=シュスター(7.9)

 次節はCL準々決勝が控えているので、主力を温存。ヒルデブラントは349分間、ゴールを許していない




3月終了時の順位表

735.jpg

アシ「2位のBayernとLeverkusenとの勝ち点差は12になりました。残り試合は7試合ですから、4勝1分2敗以上で自力優勝が決まります」

鬼「7試合で勝ち点13を稼げばいいと書くと、楽勝なんだか厳しいんだかよくわからん数字になるなぁ。なんにせよ、我々が有利な立場にいるのは
 間違いない。絶対とはいわないが、ほぼSchalkeの優勝で間違いないだろう」

アシ「あとはCLでどこまで勝ち進めるか、ですね」












□ 成長のお薬は試合での活躍

ここ最近、ドラクスラーの成長は目覚しいものがあります。月初めのトレーニングレポートでも「よく成長しています」
と報告されることがしばしば。



AML ドラクスラー

523.jpg

↑の画像がゲームスタート時の能力。↓がゲーム内時間2013年3月1日の能力


716.jpg


上昇値+2・・・強靭さ

上昇値+1・・・クロス テクニック ドリブル ロングシュート オフザボール ひらめき ポジショニング 集中力 創造性 判断力 冷静さ スピード スタミナ 敏捷性


めきめきと成長しています。ん?Newscaslteでプレイしてた時よりも能力高くないか?と疑問に思い、ゲーム内時間2019年2月21日の能力を見てみました

717.jpg

う~んさすがに全ての能力の総合点では負けていますが、25歳のドラクスラーよりテクニック、ドリブル辺りは上回ってますね。

今度はロケハン時のドラクスラーをチェック。

718.jpg


おぉ、今プレイ中のドラクスラーのほうが能力高いぞ!この違いはなにかと言えば、試合で活躍したか否かでしょうね。
現在ドラクスラーは総合で8得点11アシスト評価点7.65です。当然、ロケハン時よりも活躍度は高いです。この差が出ているんじゃなかろうか!?

というわけで、育成時には試合に出場させることはもちろん、活躍度合によっても伸びが違ってくるというのはこういうことか?なんてお話でした。



鬼「能力値見比べるためにドラクスラーの画像を切り替えてブログ編集時にドラクスラーって打ち込みまくってたら
 なんか訳わかめになってきてドラクスラーがゲシュタルト崩壊した。ドラクスラーのフェイスパックが脳裏から離れないんだが助けてくれ」

アシ「日本語でおk」



スポンサーサイト

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

SerieA Juventus vs Napoli
Q.FM2013のユベントスに勝てません。どうすれば勝てますか?

A.リアルのサッカーでも見て勉強してこい



というわけでセリエA、ユベントスvsナポリの試合を見ましたので、感想をまとめておきます。BS1で放送していたので、観戦した方も多いのではないでしょうか?


ユベントスのシステムと先発メンバーは↓の通り

764.jpg

3-5-2のシステムです。対してナポリは4-2-3-1。




ナポリは3-5-2相手に4-4-2でブロックを作って守る様子。4-2-3-1のチームが守備の時4-4-2に変形するのはよく見る光景です。

765.jpg

ナポリのハムシク、イグアインはDFラインへのプレスは行わず、中央へのパスを遮断する格好。
ピルロにボールを入れさせない狙いがあったのかはわかりません。というのはイグアインもハムシクもピルロの
位置を振り向いて確認していなかったから。

ただし、ピルロはポジションを下げたり、サイドに流れたりしてボールを受けにいかなかったので、ナポリの2トップはピルロへのパスを防いだ結果となりました。


守備ブロックを作って待ち構えるナポリのやり方は、うまくいきませんでした。
3つ理由をあげてみます。


766.jpg

①ユベントスの3バックがサイドへ開いてフリーになり、SH、FWへ質の高いボールを入れていました。

②またピルロは自身のポジションを大きく変えないことで、ナポリのハムシクとイグアインを引きつけた(?)
おかげで、DCLオグボンナ&DCRバルザリは時間とスペースを得ることに成功。

③テベス、ジョレンテがボールの収め所としてよく機能していました。ポグバとビダルも高い位置を取ってサポート


特に、テベスのプレイには改めて驚きました。なんであんなにボールを収めてキープできるのか。体の使い方や
バランスの良さに加えて、絶対にボールを失わないという闘争心。いい選手ですわ。


前半2分にセットプレーの流れでユベントスが先制。1-0で後半へ。



後半キックオフ直後、ナポリは前線からのプレスを見せました。ブロックを作る守備を止め、前でボールを奪う意思の表れでしょう。

ラインを上げてプレスをかけるナポリの戦術は、ある程度機能していました。もちろん、1点リードしているユベントスとしては、
あまり無理をする必要はない、という心理も働いたとは思います。後半はナポリがサイドから仕掛ける局面が多くなりました。

サイドを基点に攻勢をかける相手に対し、ユベントスはDC、MC、SHが寄せていき、数的優位を作らせない守りを
見せました。ナポリのサイドアタックは網にかかり、得点しそうな気配はあまりなかったかな?

ナポリはサイドの守備によってきたユベントスの選手を逆手に取るためにサイドチェンジをしたいのですが、プレスにいったユベントスの選手間の距離が絶妙でしたね。
スペースも時間もなければサイドチェンジをしたくてもできません。




試合は後半に2点を追加したユベントス、3-0の快勝。

DF陣のフォードの正確さ&前線の選手のボールキープ力。
そしてサイドから攻めてくる相手に人数をかけて守る。スペースを与えないことでサイドチェンジすら許さない守備


ユベントスのいいところが沢山見れた試合でした。



最後に、この試合の3点目のポグバの得点が美しすぎたので、ハイライトを見れる方は見るべきですよ。
試合の行方がほぼ決まってうつらうつらしていた私は、一発で目が覚めました。
FM2014DEMO日記 その3「リンクマン」
私はリンクマンの守備タスクが好きです。


唐突な始まり方ですが、FM2014DEMO、少しずつ進めています。今、プレミア第2節、ChelseaとのAway戦まで
進めました。リアルでの結果は0-0のスコアレスドローでした。

現実世界でのChelase対Mau Utdの話を少ししましょうか。この試合で光ったのは、Man Utdの守備陣の奮闘でした。
Chelseaのチャンスは、アザールがバイタルエリアでボールを受けつつ反転して、スルーパスを出した場面ぐらいのもので、
危ない場面はほとんど見られませんでした。


守備が安定していた要因はいくつかありますが、センターハーフのクレバリーとキャリックのポジショニングがすばらしかったのです。


613.jpg


これは「お手本にしたい攻撃と守備」の記事内でも使用した画像です。赤丸で囲った2人のMCは、バイタルエリアのスペースを
消すことに成功しています。
この位置取りによって、ChelseaはDFとMFの間のスペースにボールを入れることができていませんでした。
(もちろん、Chelseaも開幕して間もない状態でしたから、攻撃のパターンなどがまだまだ固まっていないこともありましたが)


まず前線の選手がプレスをかけて、高い位置でボールを奪うことを目指す。そしてフォアチェックでボールを奪えなければ
中央を2人でガッチリ固めて、Chelseaの攻撃をサイドへサイドへと追いやる。そしてサイドでSB、MC、SHが囲んでボールを奪う。

この「前線からのプレス」と「自陣に引いてブロックを作る」という2つの守備の方法が私の中で強く印象付けられていました。
故に、4-2-3-1で守る時は、MCにこんな動きをさせればいいんじゃないか?と考えて、「お手本にしたい攻撃と守備」の記事を書きました。



さて、FM2014の話に戻ります。↑で述べたMCの動きに近いタスクが、FM2014にはあるのです。そう、それが・・・



リンクマン(旧名称レジスタ)の守備タスク!



なのです。このリンクマン(D)を割り当てると、「お前は現実のキャリックか!?」と見間違えるほど、リアルな動きをしてくれます。
つまり、4-2-3-1の2人のMCをリンクマンにしてやれば、現実のMan Utdのように守れるんじゃなかろうか!?とひらめきパラメータ1の私はひらめいたわけです。


で、実際に使用してみると、思ったとおりにバイタルエリアを埋めてくれます。「もっとプレスをかけろ」と指示すると、
クレバリーのように、サイドへプレスに行ってくれたりします。

というわけで、2枚のセンターハーフで守るなら、リンクマンのタスクが私はお気に入りです、というお話でした。
これならDMを置かなくても安定した守備ができるかも?とwktkしてます。


そうそう、攻撃に関してはさっぱりわかりません。トップ下のルーニーにボールが入ると何かが起きる気がしますが、
それ以外はてんでバラッバラ。こんなところまで現実を再現しなくてもいいんですよ・・・。最近のMan Utdの試合は見れていないのであれですけども。





リンクマンについて熱く語ったところで、ゲーム内の出来事についてちょろっと書きますね。


762_201311152300114a7.jpg


現在、エブラと不和状態にあります。理由はPSGとの交渉を許さなかったことです。

いや~~まさかPSGに移籍させろ!とゴネられるとは思いもよりませんでした。その後の個人面談でも


「チームと私への敬意がかけている」(断定的)

と突っぱねたところ、エブラは・・・


「もっと自分のことを尊重してほしかったです」

と納得いかない様子。おっかしいなぁFM2013だとこれで選手も引き下がってくれることが多かったんだけどなぁ。
Man Utdというビッククラブで年俸725Mも貰っているのに、ナニが不満なのよっ!?エブラのバカッ!


で、でもっ、あんたがこのクラブに残りたいっていうなら、残ってもいいけど?べ、別に(ry



そうそう、ゲーム開始時移籍金を50億円ほど用意してくれたので、大物選手を一人獲得したんですよ。

763.jpg

PSGに所属していた、パストーレさんです!ナニがケガで離脱しており、ヤングとバレンシアは典型的なウイングタイプの選手のため、
サイドで基点になる&中に切り込んでいける技巧派の選手を探していたところ、彼のことが思い浮かび獲得しました。

インサイドフォワードタスクで左ウイングに配置しているのですが、ドリブルでするすると相手をかわしてゴールを決めたり、
はたまた187cmの身長をいかして逆サイドからのクロスを頭で合わせたりと大活躍してくれています。
FM2013のインサイドフォワードと比べると、中に切り込む頻度は下がったように思います。



香川は右ウイングで使っています。ただ、チャンスメイカーのタスクを与えても思ったように
動いてくれないので、ちょっと困っています。本当はトップ下で使いたいんですけど、やっぱルーニーははずせませんしねぇ。困った。



DEMO版のタイムリミット半年間を遊んで、もっとやりたい!と思ったら、製品版を買おうと思っています。



次の日記へ

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

Schalke日記 その13 「まだ終わっていない」
□ 2月の試合結果

697.jpg

アシ「2月は6試合で、CL決勝トーナメント第1戦もあります」

鬼「BarcelonaとCamp Nouで対戦だな。どうなることやら・・・」




2/2 Bundesliga第20節 Wolfsburg(A) 3-0 ○ 1位→ MOM=フンテラール(8.7)

 長谷部、43分に2枚目のイエローカードを受け退場。なにしてんのー!試合自体はシュートを1本も許さず完勝


2/10 Bundesliga第21節 Mainz(H) 2-0 ○ 1位→ MOM=シュスター(8.8)

 次節のBarcelona戦に向け、サブメンバーで4-2-3-1。シュスターの直接FKが2本決まりました






□ CL決勝トーナメント1ラウンド Barcelona(A)

アシ「今日はBarcelonaとHome&Awayで行われる決勝トーナメント初戦です。Barcelona対策は何か考えられていますか?」

鬼「うーんそうだね。一般的なのは、トップの選手がアンカーのブスケツをマークする方法だ」


700.jpg
赤がBacelona 青がSchalke



鬼「この形に対して、当然BarcelonaはDCがドリブルで持ち上がって中盤の選手をフリーにしようとする。だが、Schalkeは中盤でアンカーの選手が1人
 余っているから問題ない。この配置の狙いは中央のスペースを消すことだ。中央から攻めさせないことで、Barcelonaの攻撃をサイドへ追いやる
 非常に合理的な守備であり、私は割とスタンダードなBarcelona対策だと思っている。サイドを突破されても中央に空中戦に強いFWはいないから、あまり脅威にはならない」

アシ「では我々もこれを実行すると?」

鬼「いや、やらない」

アシ「その心は?」

鬼「DCにプレスをかけないのは、FM2013において自殺行為だからだ!っていうかそこまでFMのマッチエンジンは賢くない!(メメタァ)」

アシ「清々しいほどのメタ発言だー!」

鬼「DCにプレスをかけないと、自陣に押し込まれてしまう。この押し込まれる、というのは、DCがセンターサークル付近までポジションを上げている
 ことを指すと思って欲しい」

アシ「確かに、自陣に押し込まれるとまずいですね。波状攻撃を食らって失点する可能性が高いです」

鬼「だから、ボールを奪ったらきちんとつなぐ必要がある。ボールを前に運んでBarcelonaに自陣に引いてもらえば、DCのポジションも下がっていくのは当然だろう?
 その間にSchalkeの守備陣は一息つくことが出来る」

アシ「そうなると、失点を抑えるためにはいい攻撃をすることが大事になりますね」

鬼「そうだね。そういう意味で、このゲームの鍵を握るのはFWのフンテラールになるだろう。彼がどれだけボールを収めて時間を作れるか。
 それによってSchalkeの選手がポジションを上げられるかが決まる」

アシ「後方からのロングボールを蹴らざるを得ない場面もあるでしょうし、フンテラールには体を張ってボールをキープして欲しいものですが・・・
 うまくいくでしょうか?」

鬼「大丈夫だ。このページでも書いたが、Barcelona相手にAwayながら4-1で勝ったことがある。楽勝っすよ(^p^)うへへ」

アシ「それ、負傷退場が重なって8人相手にしたときの話ですよね・・・?」

鬼「(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい」

アシ「もういいです・・・」





Schalke 4-1-2-2-1

701.jpg

GK ヒルデブラント
DF ボカリ フックス ヘーヴェデス パパ
MF ノイシュテッター エクダル シュスター
FW ファルファン ドラクスラー フンテラール

アシ「右サイドバックは内田ではなく、守備能力の高いボカリを起用しました」

鬼「Awayだしな~」



Barcelona 4-1-2-2-1

702.jpg

アシ「プジョルが故障で欠場です。代役はブスケツのようですね」

鬼「マスチェラーノがDCに入ってくれれば、フンテラールにエアバトルを挑ませるんだがなぁ」

アシ「向こうもSchalke対策を考えてきたのでしょうか?」

鬼「それはないだろう。彼らはどんなチームが相手でも、自分たちのサッカーを貫く集団だ。だがしかし、サッカーは自分たちが
 やりたいことだけをやっていては勝てないってことを教えてやるぜ!?」

アシ「私たちがBarcelonaのサッカーのすばらしさを教えてもらうことにならなきゃいいですが」

鬼「試合前からそんな話は止めてくださいお願いします・・・」





試合前の戦術トレーニングは「守備時のポジショニング」

鬼「開始15分までは、ファルファンはアルバ、ドラクスラーはアウベスをマークしろ。早い時間帯で先制されると相手ペースになってしまう
 相手は強いが、我々だってドイツで首位に立っているんだ。気後れするな!」




Schalkeは高い守備意識で、Barcelonaの選手にプレスをかける。
だがボールを奪うまでには至らない。Barcelonaのパス回しがそれを上回っている。


10分、イニエスタが軽症。しかしそのままプレイを続けるようです。

15分経過。ボール支配率はBarcelona70%、シュート数2 Schalke30%シュート数0
撃たれたシュートはいずれもクロスから。

鬼「サイドからのクロスはあげられてもいい。だが中央からの攻撃は許すな!」

アシ「監督、思った以上にボールを奪えていません。逆にこちらのパスが相手のプレスの網にかかっています」

鬼「あぁ、甘く見ていた訳ではないが予想以上だ。だがこれが90分間続くわけがない。その時をじっと待とう」



25分、裏へ抜けかけたフンテラールをピケが倒してイエロー。



今日のその時がやってまいりましたのは32分、左サイドからのスローイン。フックスのロングスロー。

703.jpg

ピケに競り勝ったヘーヴェデスのベディングシュート!

GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

先制!劣勢だったSchalkeが先制です! 1-0

鬼「よっしゃあああ!」

アシ「リスタートから先制できました!」



34分、ロングボールをピケとフンテラールが競る。ピピッ!審判がピケを呼びます・・・

イエローカード!2枚目!退場です!

アシ「これで流れはSchalkeに傾きそうですね!」

鬼「あぁ。こちらもヘーヴェデスがイエローをすでに1枚もらっているから、帳尻に気をつけないとな・・・」


705.jpg

10人になったBarcelonaは3バックに変更。サイドのスペースを有効活用したい。



38分、さっそく空いたサイドのスペースを使うプレイが見られました

706.jpg

DFパパからクロスの角度で右サイドのファルファンへ。ファルファンがオフサイドポジションにいたため、
チャンスにはつながりませんでしたが非常にいいパスが出ました。シャウト「スペースへ出せ」が効いています。




40分、自陣からフックスが不用意なスローインをメッシがカット。メッシはドリブルで切り込んで正確なシュート!


707.jpg


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

追いつきました!Barcelona、同点です! 1-1


鬼「あれはしゃーないなーい。切り替えていく」

アシ「ヒルデブラントは一歩も動けませんでした・・・」




後半に入って、Barcelonaは3-4-2にシステムを変更

708.jpg

FWを2枚にしたことにより、Schalkeがボールを持てるかに思われたが、Barcelonaのパス回しはSchalkeのプレスを面白いように掻い潜っていく。
まるで、11人でプレイしているかのように・・・

鬼「なんなんだこいつらは・・・こっそり11人出てないか?」

アシ「そんなわけないでしょうに・・・」

鬼「まぁいい、2人交代させるぞ。フンテラール→ヴォッセン、ボカリ→内田だ」

58分に交代カードを2枚切ったSchalke。試合の流れは変わるでしょうか



76分、右SHのアウベスにフックスがスライディングタックル。しかし交わされた!アウベスはニアサイドへ低いクロス。待っているのはビジャだー!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

1人少ないBarcelona、勝ち越しました! 1-2

鬼「くそっ、10人相手になんてざまだ。精彩を欠くファルファンを下げるぞ!バストスを左WGに入れてドラクスラーを右に回す!」


82分、右サイドに流れたビジャがクロス。SchalkeのDFの頭上を越えて、途中出場のペドロの下へ!


GOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOAL!!

追加点です! 1-3

鬼&アシ「・・・。」(ポカーン)




89分、Schalkeのカウンター。左ウイングのバストスがクリアボールを拾い、ドラクスラーへスルーパス。

710.jpg


GKと1対1だ!これは外せない!


バルデス果敢な飛び出しでシュートをブロックした!

鬼「あ、あかん・・・これあかんやつやぁ・・・」



試合終了。Schalke、1-3で敗れました!


711.jpg


アシ「つまらない試合でした。Schalkeには大きなアドバンテージがあったはずなのに・・・」

鬼「いや、まだだ。まだ終わってない。Homeで必ず巻き返す!」


712.jpg



その他の1stregの結果です

713.jpg








2/17 Bundesliga第22節 Hannover(A) 1-1 △ 1位→

 今季初ドロー。最下位相手にこんな出来とは・・・連勝という「魔法」が切れてしまったか?


2/23 Bundesliga第23節 Hoffenheim(H) 1-0 ○ 1位→

 85分にPKもらってギリギリの勝利。ヤクが切れちまった模様。


2/27 DFBボカール 準々決勝 Kaiserslautern(H) 3-0 ○ 準決勝進出 MOM=マティプ(9.0)

 2部相手だったから楽に見ていられた。準決勝は4/17に行われます。



2月終了時の順位表

714.jpg

アシ「2位Bayernは1試合消化が少ないですが、勝ち点差は7です」

鬼「優勝争いはSchalkeかBayernに絞られた感じだな」

715.jpg


鬼「これはBayernの最近の試合結果だが、ここ5試合で2敗している。やはり2月にひとつの山が来るみたいだ」





□ ケガをするだけの簡単なお仕事です

選手一覧で紹介はしませんでしたが、SchalkeにはMoritzという選手が在籍しています。

759.jpg

予測力16はいいのですが、その他の能力がブンデスリーガで戦うには少し足りない。加えてゲーム開始時から
移籍が決まっていたこともあって、リザーブに落としていました。

んで、この選手「負傷しやすさ」が短所みたいなんですね。どのくらいケガをするかというと・・・


698.jpg


699.jpg

このくらい。

下の画像を見てください。よくよく見ていくと、ケガする→トレーニングに復帰→またケガする→復帰・・・のサイクルを
延々と繰り返しているんですよ。
呪われているんじゃないかってぐらいです。


でも、もしかしたら、この選手がケガをすることによって、他の選手がケガをする確率が減っているんじゃなかろうかと
思うぐらい、Schalkeの選手達はケガをしません(特に主力組)



Newscaslteでやっていた時にも感じたのですが、初年度ってケガの頻度が少ないですよね。
たぶん、蓄積疲労が0の状態からスタートしているんじゃないでしょうか?
2年目以降、「あれこんなにケガしたっけ?」と焦った記憶があります。


なので、現在はプレシーズン開始日はなるべく遅くしてあげています。W杯とかあると、選手はオフがない場合もありますからね。本当にプロサッカー選手の日程は過酷です・・・。



次の日記へ

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。