FC2ブログ
鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研究発表
パスサッカーがしたいよドラえも~んと嘆いていたら貴重なアドバイスを頂戴したので少し実験していました。その結論。



無理。



選手の能力次第でバイタルエリアまではポンポンとパスがつながる。つながるのだけれど、勝負所で横パス→カットというシーンが多発。


パスで崩すには受け手がフリーになっていないと結局個人技頼みになってしまう。前線で選手がフリーになるには流行りの「流動性」ってやつが必要になってきます。


流動性については、私個人はこんな解釈をしています。一例をあげてみます。



クリップボードb457


赤い○がボール  黒矢印が選手の動き  赤文字は相手選手を表しています。



右サイドにボールが入った瞬間、FWが重なるような動きでDC1人に対してFW2人という数的優位を作る。これじゃまずいよ!ということで相手DCは右に動いた選手についていく。(ついていかなければゴール付近で有的優位ができる)

で、DCが動いてぽっかりあいたスペースにMLが飛び込む。さらにDLもオーパーラップすることで相手のDRはスペースを埋めるのか、あがって来たDLを抑えるのかで大混乱。相手DRが味方MLについていけば、オープンスペースに大きくサイドチェンジしてそこから。相手DRが味方DLに備えれば、味方MLはゴール前でドフリー。この例は守備側の対応は考えてないのでうまくいきすぎですが・・・。


要はポジションにとらわれない動きで数的優位を作るものだと思ってます。なぜ桜木がそこにいるんだー!みたいな。違ったらごめんなさい&指摘してください。



さて、FMに戻って・・・こんな動きはオフザボール20+運動量20の選手を集めても難しそうです。でもあるものがあればできます。そう、それは戦術画面の矢印。


矢印があればポジションに固執する選手たちを移動させることができるし、逆に言えばゾーンを埋めることしか頭にない守備を破ることなんて簡単です。でもそれがFM2009でなくなったということは、もし矢印なんか導入しちゃった際には矢印をうまく使いこなせる人間様がAI監督相手に勝ちすぎるってことなんでしょうね。昔そんな趣旨の話題がFMJさんに出てましたし。


FM2009ではスペースさえあれば選手たちが自由に動いてくれる(SBがあがりきったサイドのスペースにFWが流れる、DCとSBの間が離れていると味方SHがそこにつっこんでくる等)だけに、矢印がないのがとても悔やまれます。戦術いじるのとお金ためるのが大好きな私ですから、矢印なんかあった日にはもっとFM2009日記を書いていたことでしょう・・・。



FM2010は少し様子見。誰かが「FM2007はシュートが入らなすぎてクソゲー」って言った人に「月日がたてばあの頃がよかったってなるよ」と返したやり取りをふと思い出しました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私もパス主体の4ー4ー2をチャレンジし、私なりにいくつか検証してみました。

まずサイドハーフですが、ドリブルで仕掛けない以上は、高い位置にポジショニングしない限り存在価値を見いだせませんでした。つまり横のスペースよりは縦のスペースを使う事の方が重要で、とりわけ展開を広くするサッカーで両サイドで詰まってしまうと、距離が若干長めの横パスをインターセプトされるリスクが増大してしまう印象でした。狭ければ多少リスク軽減ができるようです。

また両サイドにいくら高い位置を取らせたくてもできない場合があるため、サイドバックのサポートも不可欠でした。ただ、サイドバックのサポートを待ちすぎると結局はまた手詰まりになってしまうため、速くなり過ぎない程度にある程度のテンポは必要のようです。

次にアタッキングサードまで攻め込めた場合はFWにスペースがなくなりますが、代わりにポストがきっちりできたケースでは、かなり両サイドの攻めあがりなり相方のFWのサポートに有効でした。


以上をまとめますと、パスはショート、テンポはやや早め、展開はやや狭め。そして自由な距離のパスを出すレジスタ役と、受けたクサビをスペースへ叩く事を意識したポストプレー役の個人設定をすれば、制約はあるものの、多少は形になった場面もあった気がします。

とにかく両サイドがミドルサードで手詰まりになってボールを失ってしまうのが一番怖く、そのリスクを極力減らす事を意識しました。ただ、ポスト役の細かい設定(チーム設定するか否かなど)や、パスの距離とテンポの組み合わせはまだまだ工夫の余地がありそうで、他にもっと良いバランスがある気がします。

他に4ー4ー1ー1や、前作の鬼さんの4ー1ー2ー1ー2をアレンジするのも有効かもしれません。

また現実の国内のサッカーではドリブラーが少ない為、俗に言う人もボールも動くサッカーをFM流にアレンジできないものか思案してみたいとも思います。
2009/10/13(火) 03:06:45 | URL | レフティ #-[ 編集]
>レフティさん
戦術について深くつっこんだコメントありがとうございます。こういう類のコメントは特に嬉しいです。共感した部分と新たな発見がありました。

まずサイドハーフを高い位置に持っていくことは、FMでパスサッカーをやるなら必須ですね。MCからFWへの縦パスはなかなか通りませんし、MC→SH→FWという流れを使うにはやはり高い位置が必要だと私も思いました。また展開は狭いほうがSH→FWへのパスがつながりやすくも感じました。

テンポはできる限り速く、というのは発見でした。私はパス&テンポをショート&遅いにした時、ゴール前での手詰まり感に絶望してそこで思考停止したもので・・・

>とにかく両サイドがミドルサードで手詰まりになってボールを失ってしまうのが一番怖く

ちょうどこの状況に陥ってました。その状態でSHのドリブルを「積極的」にするとかなり機能する4-4-2になったので、「FM2009じゃパスサッカーは無理」と結論付けてたのですが、テンポ早めは試してなかったです。今度機会があればやってみたいと思います。


はっとしたのは

>他に4ー4ー1ー1や、前作の鬼さんの4ー1ー2ー1ー2をアレンジするのも有効かもしれません。

この部分で、なにも4-4-2にこだわる必要はなかったなぁと。FWへの橋渡しをする役目をSHではなくAMCに任せる4-4-1-1や4-3-1-2は有力かもしれません。4-3-1-2を愛用している人も多い(?)ようですし、今度やるならばこちらで実験してみます。

勉強になるコメントありがとうございました。またなにかあればお寄せください。
2009/10/15(木) 20:22:47 | URL | wataoni #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。