鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セリエA 6節 Juventus(A)
□ セリエA 6節 Juventus(A)

昨シーズンの覇者との対戦。

Juventus 勝ち点15 得点14 失点2
Inter  勝ち点15 得点11 失点3

135.jpg
Guarinが直前の試合で負傷し、離脱中。それ以外はほぼベストメンバー。コンディションも100%近い。


136.jpg
おなじみの3-5-2を採用。Interとは対照的に、ほとんどの選手の体調が95%を切っている。
Buffon引退後の正GKはLeailというイタリア人ゴールキーパーだ。

137.jpg
世界でも有数のGKだった名選手に比べれば、マイルドな能力になっている。
つけいるスキはありそうだ。


昨年、勝ち点を92も稼いだチーム相手に、つまづきを期待することはできない。ならば直接叩くほかあるまい!
と、気色ばむwataoni監督だが、やってるサッカーと言ったら・・・

139.jpg
9人で守るサッカーをしている。いやほら、awayだし?先制点奪われたら厳しいじゃん?


それはさておき、InterのウイングはJuventusのサイドハーフにタイトマーキングをしているので、ボールを
奪うことに関してはうまくいっている。問題は奪ったあとの精度だ。すばやく前の選手にあててカウンターを
狙いたいのだが、前線へのパスがことごとくカットされている。

Interはプレスを強め+一部マンマークを指示しているので、ボールを奪った瞬間、Juventusの選手が
周りにいることが多い。つまり、ボール奪取した後フリーになれていないのだ。そのため、ボールキープして
味方の動き出しの時間を作らねばならないのだが、それができない。逆にボールを掠め取られ、カウンターのカウンターを
食らうこともたびたびある。

こんな時にGuarinがいてくれれば、局面を個人の力で打開することができたかもしれないのに・・・。

中盤での潰しあいで膠着状態に陥った試合は、劇的な幕切れとなった。


後半ロスタイムは2分。
143_20130409012559.jpg
91:59 ロングボールをValeroがヘッドで矢印の方向へ落とす。


144.jpg
92:00 Quagliarellaがスピードを落とさずに見事なトラップでInterゴールへ進む


145.jpg
92:02 QuagliarellaはDFの寄せに構わず強烈なシュート!


これがゴール右端に吸い込まれるように決まり、まさかの勝ち越し点を奪われる。

不運だった、としか言いようがない。選手達は良くやった。


141.jpg


Interを指揮するようになってから、Juventusには一度も勝てていない。
それどころか、ゲーム開始時からカウントしても、勝ちは1つもない。

142.jpg
ご覧の通り、2分7敗。次の対戦は2月に行われる。それまでに対策を練らねばなるまい。
ライバルチームに負けっぱなしはいかんでしょ。


次の日記へ
スポンサーサイト

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。