鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の教訓
□ 今日の教訓

2/15 GKのRuffierが風邪をひいた。2/20にJuventus戦を控えているので、少しでも早く復帰してもらうために
フィジカルコーチに治療を依頼した。

214.jpg
普段は自宅療養をさせているが、状況が状況だ。


翌日のニュース・・・

215.jpg

216.jpg
BocalyとRossiに風邪がうつったあああ!!

今日の教訓

風邪をひいたら自宅療養!






□ セリエA 25節 Juventus(H)

天王山の前に、両チームの状況を確認していこう。
勝ち点得点失点得失点備考
Inter6220225016+34リーグ戦4連勝中
Juventus6120135610+43リーグ戦6連勝中


勝ち点差は1。試合結果によって順位が入れ替わる。大一番だ。



Interの最近の成績
212.jpg
結果だけ見ればセリエA4連勝中と好調にみえるが、実際は紙一重の勝利が続いている。
どうも得点力が落ちており、特にPodolskiはゴールを量産していた前半戦のキレがない。

超攻撃的+ボールを前に動かせ+押し上げろ+相手につけ+もっとリスクを負えで、1点もぎとって命拾いしている。
この組み合わせは結構使える。



一方、Juventusの戦績はというと

213.jpg

俺を倒せる者はいるか!状態である。ここにいるぞ!とは軽々しく言えない。
不安材料をあげるなら、中2日の日程だろう。Interは中6日で試合。コンディションの差に期待するしかない。



Interスタメン

217.jpg



Juventusスタメン

218.jpg



Interは25分までシュートは0本だった。なぜか。

220.jpg

↑の図がその原因をあらわしている。InterのDM+MCの選手がフリーになれていないのだ(丸で囲った選手達)
Interの攻撃は中央に偏っている。ウイングの選手はほとんどドリブルすることを許可されておらず、
パスをつないでMC2人のうち1人がバイタルエリアに侵入するのが得意の形だ。
図のように、中央3枚の選手がプレスをかけられていては、MCの選手がフリーのいい位置でボールを受けることは難しい。

実は試合前から対策は練ってあった。それはDMのCapoueをプレイメーカーにしたことだ。こうすることで、
MCの2人が孤立しないようにして、Juventusの横並びに配列されたMC3人に対抗しようとした。

Capoueの位置を上げて、MCのサポートをさせた効果がなかったわけではない。いつもなら中盤で奪われて
カウンターを受ける場面が多いInterが、中盤のボール回しで後れを取ることはなくなったからだ。

しかし、JuventusのMC3枚を凌駕するまでには至らなかった。そこで次の手は・・・

221.jpg
(矢印は攻撃方向)


ウイングの選手をサイドに張るように指示した。中央での密集戦を避け、サイドを基点とすることで
JuventusのMC3人の圧力から逃れると共に、3バックの弱点であるサイドのスペースを使うようにした。

その効果は、コーナーキックの数に表れている。前半3本しかなかったCKが、後半は9本もCKを得ているのだ。
サイド攻撃重視に切り替えてからは、Interがペースを握った。

惜しむらくは、1トップに空中戦に強いターゲットマンがいないことだった。Podolskiはジャンプ力12、勇敢さ14。
Juventusの屈強な3バックの選手に競り勝てるほど、エアバトルを得意としているわけではない。

結局、両チームに得点は生まれなかった。


219.jpg


次の日記へ
スポンサーサイト

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。