FC2ブログ
鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SerieA Juventus vs Napoli
Q.FM2013のユベントスに勝てません。どうすれば勝てますか?

A.リアルのサッカーでも見て勉強してこい



というわけでセリエA、ユベントスvsナポリの試合を見ましたので、感想をまとめておきます。BS1で放送していたので、観戦した方も多いのではないでしょうか?


ユベントスのシステムと先発メンバーは↓の通り

764.jpg

3-5-2のシステムです。対してナポリは4-2-3-1。




ナポリは3-5-2相手に4-4-2でブロックを作って守る様子。4-2-3-1のチームが守備の時4-4-2に変形するのはよく見る光景です。

765.jpg

ナポリのハムシク、イグアインはDFラインへのプレスは行わず、中央へのパスを遮断する格好。
ピルロにボールを入れさせない狙いがあったのかはわかりません。というのはイグアインもハムシクもピルロの
位置を振り向いて確認していなかったから。

ただし、ピルロはポジションを下げたり、サイドに流れたりしてボールを受けにいかなかったので、ナポリの2トップはピルロへのパスを防いだ結果となりました。


守備ブロックを作って待ち構えるナポリのやり方は、うまくいきませんでした。
3つ理由をあげてみます。


766.jpg

①ユベントスの3バックがサイドへ開いてフリーになり、SH、FWへ質の高いボールを入れていました。

②またピルロは自身のポジションを大きく変えないことで、ナポリのハムシクとイグアインを引きつけた(?)
おかげで、DCLオグボンナ&DCRバルザリは時間とスペースを得ることに成功。

③テベス、ジョレンテがボールの収め所としてよく機能していました。ポグバとビダルも高い位置を取ってサポート


特に、テベスのプレイには改めて驚きました。なんであんなにボールを収めてキープできるのか。体の使い方や
バランスの良さに加えて、絶対にボールを失わないという闘争心。いい選手ですわ。


前半2分にセットプレーの流れでユベントスが先制。1-0で後半へ。



後半キックオフ直後、ナポリは前線からのプレスを見せました。ブロックを作る守備を止め、前でボールを奪う意思の表れでしょう。

ラインを上げてプレスをかけるナポリの戦術は、ある程度機能していました。もちろん、1点リードしているユベントスとしては、
あまり無理をする必要はない、という心理も働いたとは思います。後半はナポリがサイドから仕掛ける局面が多くなりました。

サイドを基点に攻勢をかける相手に対し、ユベントスはDC、MC、SHが寄せていき、数的優位を作らせない守りを
見せました。ナポリのサイドアタックは網にかかり、得点しそうな気配はあまりなかったかな?

ナポリはサイドの守備によってきたユベントスの選手を逆手に取るためにサイドチェンジをしたいのですが、プレスにいったユベントスの選手間の距離が絶妙でしたね。
スペースも時間もなければサイドチェンジをしたくてもできません。




試合は後半に2点を追加したユベントス、3-0の快勝。

DF陣のフォードの正確さ&前線の選手のボールキープ力。
そしてサイドから攻めてくる相手に人数をかけて守る。スペースを与えないことでサイドチェンジすら許さない守備


ユベントスのいいところが沢山見れた試合でした。



最後に、この試合の3点目のポグバの得点が美しすぎたので、ハイライトを見れる方は見るべきですよ。
試合の行方がほぼ決まってうつらうつらしていた私は、一発で目が覚めました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。