鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウイングを斜めに走らせて裏を狙う(ver14.2)
今回の記事は「ウイングを斜めに走らせる」が主題です。

「ウイングに裏への抜け出しを狙わせる」が副題のはず・・・なのですが、書き終わったところでこっちが主題なんじゃね?と思い始めました。でもこのままでいいや。

804.jpg

イメージとしては上の図の動き。ボールを持っていないウイングの選手が斜めに走りこむようにするにはどうしたらいいのかを考えます。

ダイアゴナルランなんて呼ばれたりするあれです。





□ 選手への指示


さっそくウイングへの指示をペタリ

805.jpg

「もっと前に出ろ」

「ポジションを離れていい」



この2つが鍵です。他の指示に関してはお好みでつけたしてください。私はこの2つ以外の指示は出していません

なお、チームの流動性は「非常に柔軟」パスの狙いは「中央を突破しろ」になっています。







□ 実際にどういう動きをするのか?

この指示で選手がどのようなムーブメントを見せるのか、ゲーム画面と共に見ていきましょう。

左から右に攻めるMan Cityの赤丸で囲ったナバスに注目してください。

806.jpg

ヤヤ・トゥーレからトップ下のアグエロへショートパスが通ります。ナバスはウイングの位置で待機中。


807.jpg

アグエロはゴールに背を向けながらボールをトラップ。ナバスはDFラインに張り付きました。相手SBの死角に入っています。


808.jpg

アグエロが反転しながらスルーパスを出します(青丸がボール)
ナバスはここから裏へ抜け出します(赤矢印へ動き出しています)


810.jpg

ナバスは綺麗に抜け出してノートラップでシュート。ゴール右へ豪快にボレーシュートを決めました。

「もっと前に出ろ」の指示が効いたプレーでした。「ポジションを離れていい」と組み合わせると裏抜けの頻度が上がる印象があります。

なお、トップ下にも適正がある司令塔寄りのウイングより(Man Cityでいうとシルバやナスリ)
生粋のウイングタイプのほうが裏抜けがうまいような気がします(Man Cityでいうとナバス)




□ DFラインの裏を取る

Ver14.1.4から、DFライン裏への抜け出しの成功率が上がり、巷では2トップを採用してFW2人のコンビネーションで裏を取る戦術が良いんじゃないか、と言われていました。
皆さんも相手の2トップの連携から崩されて失点・・・は経験があるのではないでしょうか?(特に4バック使用時)

私も2トップ&トップ下を置く3-5-2やらサイドアタッカーを置かない4-1-2-1-2など色々試しました。
その試行錯誤の中で気が付いたのが「厳しい角度からのシュートの方が決まりやすい?」という点です。



810_201401031651013ce.jpg

青の四角から撃つシュートより、角度がある赤の四角からのシュートのほうが決まりやすいんじゃなかろうか?ってことです。
タイトアングルからのシュートはGKの脇をすり抜けたり、GKが触るも弾いたボールがそのままゴールしたり。


それならサイドの選手にゴールを狙わせてみるか!の発想でこんな指示を紹介してみました。
こんなアレンジをしたらもっとよくなったよ!などの情報、お待ちしております!




□ 成功例

うまく機能した試合のハイライトをYoutubeにアップしてみました。相変わらずの画質です・・・。わざわざキャプチャソフト使ったのにこの有様だよ!





解説

1点目→厳しい角度からナバスのシュート。サイドバックにリスキーなパスを出せ、の指示をしているのがよかったかな?

2点目→トップ下アグエロからシルバへスルーパス。上の図で説明した形と似ています。


Youtubeで見る場合 http://www.youtube.com/watch?v=XsSrM3wyBIA&feature=youtu.be

埋め込み動画からも飛べますが、念のため張っておきます




□ ナバスが爆発した

ウイングの設定を「前に出ろ」「ポジションを離れていい」のみにしたところ、AMRナバスが大爆発

811.jpg

トッテナム戦から3試合連続2得点をマーク。すごいね。このトッテナム戦から指示は上記の2つのみになっています。
それまでは試行錯誤で様々な指示を与えていました。

そしてAMLのシルバの成績

812.jpg

こちらもなかなかにいい。



選手の士気や相手チームのフォメとの兼ね合いなど、選手の出来に影響するのは指示だけではないです。
ですから、「この指示なら大活躍間違いなし!」ってわけじゃないですけれども、参考程度に、ね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうもはじめまして
いつも素晴らしい解説ありがとうございます

インサイドフォワードについてはどう思われますか?
FM2014からなのか、かなり使いやすくなったと思われます

自分の場合、展開の幅は狭くで「中央突破」+チャンスメイカーを中央においたら
同じようにワイドの選手がバンバン点取ってくれて
ベティスのルベン・カストロがリーグ25点とってくれました
2014/11/13(木) 16:57:27 | URL | hirooonnn #6z.oQD4Y[ 編集]
コメントありがとうございます
お返事が遅れましてすみません。コメントありがとうございます。

インサイドフォワードに関しては、「中央に絞れ」と組み合わせて使ったことがあります。
その時は選手の評価点があまりよくなかったので早めに見限ってしまいました。

ウイングの位置の選手に25得点させるのはなかなかできることではないですから、
展開の幅狭い+中央突破+タyンスメイカーの組み合わせは相当に優秀なのではないでしょうか?
いくら選手の能力が高くても、FW以外の選手が20点以上記録することはなかなかないですし、有効な戦術だと思いますよ!
2014/11/20(木) 21:16:24 | URL | wataoni #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。