鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時間稼ぎ
最近更新が滞っております。一応記事は書いてはいるのですが、時間がかかっています・・・。


繋ぎとして、Man Cityで1シーズンのテストプレイを終えた時の感想メモ書きを晒しておきます。






DF編

センターバック(守備)

これが無難。「プレスをもっとかけろ」を指示してしまうと、ポジションを捨ててボールを奪いにいってしまうので避けたほうがいいでしょう。

センターバック(ストッパー)は使いどころが難しい。うまいこと前のほうで奪えることもあるけれど、かわされた時のリスクを考えると採用しづらいですね。
FM2013ではストッパー&DMにアンカーを置いてカバーさせることで守備がかなり安定しましたが、3バックを採用したほうが手っ取り早そうです


サイドバック

何を選んでもあまりかわった感じはしませんでした。サイドバックは少しサポート重視、ウイングバックはドリブル頻度が少し上がるぐらい?
いまのところどれでもいいかなぁ。




MF編

リンクマン(守備)

バイタルエリアのスペースを埋めるなら、リンクマンかセンターミッドフィルダーの守備タスクがよさそう。反面、
DFラインから攻撃を組み立てる際の貢献度はそこまででもないようで。リンクマンの位置取りは悪くないんだけど、DFからパスが入らないんですよねぇ。
それならボールゲッターの守備でいいじゃん、という・・・。



チャンスメイカー(サポート)

2列目と3列目をつなぐ役割としては優秀。しかし、FM2013のチャンスメイカーと比べると弱体化したような気が。
前作では飛び出し、プレス、自陣からの組み立て・・・と全てやってくれていたので、それと比べてしまうとどうもね。
特に守備の貢献度が減った感じがします。
ウイングの選手にもチャンスメイカーのタスクを与えることが可能ですが・・・私はもう2度とやらない。

補足→噂によると、ウイングにチャンスメイカーは結構いけるらしいですよ



Box to Box(サポート)

前線への飛び出しを狙わせるならやはりこれ。「もっと前にでろ」を指示すればエリア近くまで上がって得点に絡んでくれます。
一方の守備でも、バイタルエリアを埋めるプレイこそ頻度低めですが、対面した相手選手をしつこくマークしてくれる頼もしい存在に。




AMF編

攻撃的ミッドフィルダー(サポート)

トップ下の選手を下がらせてボールを受けてもらいたいならこれ。しかし、パスを受ける位置が低すぎる!そのため、
「もっと前にでろ」と併用して得点に絡む動きを増やしてあげるのが吉。



エンガンチェ(攻撃)

「中盤と前線をつなぐフックの役割」の説明文通りの動き。しかしAM(S)と違うのは、ポジションがエンガンチェのほうが少し高めということ。
DF裏へのスルーパスを期待するなら、こちらがいいかも。なお「もっと前に出ろ」を加えるとほとんどFWのようになります。



ウイング(攻撃)

ウイングを斜めに走らせて裏を狙う にて。




FW編

ターゲットマン(サポート)

下がり目のFWという意味ではフォルスナインと同じです。「スペースへ飛び込め」を指示したネグレドさんがゴールを量産してくれたので
良タスクかと思いましたが、次第に沈静化。個人的に評価が難しいです。



フォルスナイン(サポート)

巷でも話題になっていますが、迷ったらとりあえずこれ。



センターフォワード(攻撃)

裏抜け、ポストプレイ、フォアチェック。どれもそこそこやってくれるような印象。2トップを採用するなら
フォルスナインとセンターフォワードの組み合わせが私の中ではファーストチョイスです。





その他雑多に感想


トップ下のタスク

バイタルエリアでボールを受ける、という点で言えば攻撃的ミッドフィルダーのサポートが最適。
MCとFWの橋渡し役ならこれで決まり。一方、ゴール前への飛び出しという面では不満が残る。


ウイングバック

中央に絞れ&もっと前に出ろを指示すると、結構DF裏に抜け出してくれたり、よりペナルティエリアに近い場所で
ボールを受けようとする。ウイングやサイドハーフを置かないシステムの場合、ウイングバックをサイドに張らせると
孤立しやすいので、中央に絞らせたほうがいいかも


前線からのプレスをかける

前からハイプレスを仕掛けたい場合、チームメンタリティを「攻撃的」にするとより有効。
もちろんラインを押し上げる&ハイプレスに適したフォーメーションを選択することも重要。


DFラインから攻撃を組み立てられない時

自チームのDF陣にプレスがかかって攻撃を組み立てられない場合、ラインを下げる。
相手チームのハイライン&ハイプレスに対して、こちらもラインを上げて真っ向勝負をするのは、あまり効果的でない様子。
おとなしくラインを下げてDFの選手に時間的余裕を与えてあげよう。
もしくは「DFラインから組み立てろ」の指示をやめる。



スーパーサブ

FM2014では、コンディション低下による加速力の減少が顕著・・・な気がする。70分ぐらいに投入したウイングの選手が
相手サイドバックを振り切ってクロスをあげるシーンをみかけるからだ。もしくは集中力の値の重要性が上がったのかもしれない。
60分から投入されたManUのバレンシアにズタズタにサイドを破られた時にそんなことを考えた。
スポンサーサイト

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。