鬼のFM攻略日記
Football Manager(サッカーシミュレーションゲーム)の日記です
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相手への対応とか下準備とか
この日記での趣旨は「3バック戦術を使って中堅チームをどこまでやれるか」です。

戦術はこちらの記事をご覧ください「戦術公開3-2-2-1-2」





□ 相手への対応

プレス

MCとGK→「特定の指示なし」

その他→「常にする」

※4-1-2-2-1の場合はMCへのプレスを「常にする」

トップ下を配置していない場合、MCがバイタルエリアへ入ってくる回数が増えるため、フリーにさせない意図

逆に言えば、トップ下がいるフォーメーションではMCから決定的なパスが出ることは少ない=プレスを常にしなくても良い。
ただし、卓越した能力を持つ選手に関してはその限りではないですから、試合を見て適切な指示を与えてあげましょう。


使わせる足

全員→「逆足」


マンマーク

相手チームの危険な選手にマンマークをつけるのは、有効な手段です。
実際のプレイ中にマンマークをつけた要注意人物を3人ほどご紹介します。


Suarez (Liverpool)

左ウイングに配置されていると、サイドから中に切り込んでくるプレイが危険です。ドリブル18は伊達じゃない!次のパッチで能力値上がるんだろうなぁ。
彼だけではなく、スピードorドリブルに長けているインサイドフォワードには気をつけたほうがいいでしょう。


Dyer (Swansea)

この選手、スピードがおかしい。ホントおかしい。カウンターで彼の独走から2失点したときはもうなんも言えねぇ状態でした。
2008-09シーズンまでSouthamptonに所属していたようです。


Arnautovic (Stoke)

この選手もスピード違反。判断力7、予測力6、冷静さ6なんですけど、メンタルなんて飾りなんですかねぇ。





□ 守備のメカニズム

この戦術の守備のシステムを紹介します。

相手チームはDCがボールを持っていて、攻撃を組み立てようとしているところです。

837.jpg

赤が自チーム、白が相手チームです。赤丸のボールホルダーであるDCに、自チームのFWがプレスにいっています。

赤丸の選手が取り得るパスコースは白22番へのパスぐらいです。
ひとつ飛ばして白15番という手もありますが、足元の技術に自信がないDFだと、少しリスクがあるパスになってしまいます。



実際には白22番へのパスを選択

839.jpg

赤14番のFWは、SBにプレスをかけにいきます。相手への対応でDF全員にプレスを「常にする」にしてあるためです。
また、赤13番WBもボール保持している白22番へプレスへ。

ここで注目したいのは、青丸で囲った赤26番のDCです。サイドへスライドしてスペースを埋めているのがわかるかと思います。
もしサイドのスペースを埋める動きをしないのであれば、青☆にポジションを取るはずです。

サイドもカバーしようとするDCの動きは、FM2014で3バックが使いやすくなった理由のひとつではないでしょうか。

もちろん、DF裏のスペースが空いていることには注意すべきです。あまりにも裏を取られすぎるなら、チームメンタリティを「標準」にしたほうがいいでしょう。



840.jpg

このあと白22番は矢印の方向にショートパスを出して白15番のウイングへパスをつなげようとしますが・・・



841.jpg

3人に囲まれてしまい、ボールを失います。

基本的にはサイドへ相手を追いやって囲み、ボールを奪うやり方です。
FWが疲れてくるとサイドバックへのプレスをしなくなり、中央へパスを通されることが増えます。
しかし、FM2014でFWに守備をさせるには、DFへプレスをかける他ないので、割り切っています(F9はたま~~に下がってくれますが・・・)
2トップを使用する以上、守備がゆるくなるのは仕方のないこと。大らかな気持ちでいきましょう!?





□ 準備

選んだチームはSouthampton。選手の能力が高めで、ウイングの選手もいないため、3-2-2-1-2がやりやすいです。

さっそくはじめて行きましょう。まずは目標設定

824.jpg

これなら「上位半分に入る」が移籍金的に旨味があるのでこれで。途中解任?解任とかされるわけないじゃないですか(遠い目)



お次はトレーニングレベルを見て、スタッフの入れ替えを考えます

825.jpg

お世辞にもコーチ陣のレベルが高いとは言えません。優秀な人材と入れ替え必須ですね。

ただし、スタッフの雇用枠にはまったく余裕はありません。

826.jpg

その他のスタッフは9人雇用可能で、現在12人が在籍中。フィジコが5人。当然新規でスタッフを雇うことは出来ません。
理事会に掛け合ってみましたが、「十分な人数です」と拒否されてしまいました。どこが十分なんじゃー!




□ 少しだけ選手紹介

全員を紹介するのは億劫なので、注目選手だけちょろっと。


ロブレン

現実では守備の要としてピックアップされることの多いロブレンさん。FM内では守備能力に疑いはないが、冷静さ7が祟ってかつなぎのパスに課題ありです。
間違っても左右のDCで使ってはいけません。真ん中で使えば安定した活躍を見せてくれることでしょう。ケガに弱いらしいですが、そもそもDCってあんまりケガしないよね。


ラミレス

能力値にだまされてはいけない!を体現する選手。見てくれは文句なしですが、欠点「安定さ」が足を引っ張りまくりです。
でも「もうこいつ売るわ・・・」って思っていると大爆発してレート9点↑をたたき出すから、売るに売れない困った奴です。FKで1試合4得点したときはゲームがバグったかと思いました。


ララーナ

ラミレスは好不調の波が激しいので、ララーナをスタメンで使うことをおすすめします。「キラーパスを狙う」「エリア内に入る」
どちらもトップ下に必要なプレイスタイルを持っていますし、逆境にも割りかし強め。ただしケガに若干弱い・・・。


ジェイ・ロドリゲス

能力見てください。特徴がないのが特徴・・・な器用貧乏に見えますね?ですが、彼は間違いなくSouthamptonのキーマンです。
プレミアリーグの得点王を争う実力があります。見た目にだまされてはいけません。ロドリゲスを軽視すべからず!
えっ?じゃあどこが優れているのかって?そ、それは・・・よくわからんとです。でも点を決めるんです。そんな人。


オズバルドさんは後で出てきます。若手三人衆のショー、プラウズ、チャンバースにも注目ですよ。



□ 補強

補強は2人

本田 250M  

いや、MCはいっぱいいるんですけどね、えぇ。でも欲しかったんです。
MCが天性になっていますけど、AMCでいい動きしてくれます。ボールを失うことが少ないのがいいですね。
なお、要求年俸どおり170Mを提示したらAjaxにいってしまい、一度やり直しました・・・。
指導役としても優秀で、お得な気分になれます。次のパッチからはミランに行ってしまうので、やるなら今しかない!


ベルヒーニ 430M 

3バックを採用するにはDCの数が足りないため獲得。リアルではバルサ移籍が噂されていた選手です。
言語の問題か最初は不安定なプレーで獲得失敗か!?と思いましたが、日を重ねるごとにフィットしてきた印象。
中堅クラブのスタメンなら十二分に務めることができる選手ですね。

なお、10月頃まで待てば、移籍金は150Mぐらいまで下がります(2014年6月30日に契約が切れるため)
候補リストに入れておいて、所属クラブから契約更新オファーがあったら即移籍交渉!が一番値切れるやり方ですね。


他の候補としては

DC Pepe Diakhate(Grnada)→年齢が28のため断念。移籍金は300Mもあれば取れそうでした

DC Davide Astori(Cagliari)→能力値のバランスがすばらしい。しかし移籍金が1B以上必要とのことで諦めました


あとはGenkのkara、Koulibaly辺りもよさげ





□ ちょっとした小技

ゲーム開始時、ウクライナでスタートすることによって6月からゲームを開始しました。
イングランドを選択して始めると7月からゲーム開始なので、少しだけプレシーズンの時期を延ばすことができます。

そしてプレシーズントレーニングはこんな感じにしました

865.jpg


見ての通り、戦術練習あるのみ!8月半ばから、重点項目を「チーム連携」に切り替えて、いざ開幕戦へ!



次の日記へ
スポンサーサイト

テーマ:PCゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。